original1

こんにちわ、たかはしです(*^_^*)

最近 時間・時について ふと考えます

・・・秋の夜長

人は 時間の概念で その時その時を

過ごしているものですが

何かに夢中になっている時

集中している時

逆に 退屈な時 何かを待っている時

その 置かれている状況によって

時の流れる速さが 

違って感じるのは とても不思議なものですね

0610180033001

離れて暮らす 家族にも

同じように 時間は流れているわけで

久しぶりに 再会すると

お互いの 過ごしてきた時間の長さを

再認識するものです

すぐ近くにいる人には そう感じない、、、

でも その存在さえも永久なものではなくて

そもそも 自分と云う存在自体

今の自分であることさえも

いずれ終わりを 迎える

生きとし生けるもの すべての決まり事

それならば やはり悔いのない

毎日を 過ごしたいものです

自分の 周囲の人の存在に 

改めて 『ありがとう!』 そう伝えたいです

そして ときには ゆっくりと

時間を使って あれこれと 語りたいものです

Time~時間